生活

[ 1ヶ月1万円以内 ]一人暮らし大学生、食費の平均、自炊で食費の抑えかた節約術まで細かく紹介!!

 

 

かずや
かずや

こんにちは、こんばんは一人暮らし奮闘中のかずやです。

食費をなんとか抑えたいけど方法がわからない、、、

そもそも1ヶ月でいくらくらい食費がかかるの?平均ってどれくらい??

今回はそんな悩みを一つ一つ細かく整理して解決していこうと思います!

たぶん、大学生なら食費なんて一番お金をかけたくない部分でもあると思います

カップラーメン食べてれば安く済む!だけど健康に悪いからちゃんと食べたい、、、

そんな感じで食生活に悩んでいる方もいるかと思います。

そこで今回は1ヶ月1万円以内まで食費を抑えつつ美味しいご飯もしっかり食べられる方法までご紹介していこうと思います!

一人暮らしの食費の平均ってどれくらい?

皆さんは1ヶ月の食費の平均っていくらかご存知ですか?

まず最初に1ヶ月の食費の平均を知れたほうが節約をする基準がわかりやすいと思うので

まずは平均を知って感覚をつかんで行きましょう!

 

単身世帯(一人暮らし):39,649円 総務省統計局の家計調査より
平均 〜35歳 35歳〜59歳 60歳〜
39,649円 39,510円 45883円 36604円

調査からはこの通りですが、全体の平均となっているため凄く差があります。

なので一応→大学生の1ヶ月の食費は1日1000円×30日計算の30,000円くらいがほとんどだと思うので、こちらも参考にしてみてください◎

それでも1ヶ月で3万円を食費に使っているなんて大学生からするとかなりの大金だと思います。

ちなみに現在大学生の僕は、1ヶ月1万円で抑えられているので残りの2万円を趣味など自己投資などに使えるというわけなのです。

では早速その方法をお伝えして行こうと思います。

1ヶ月1万円生活って実際どうやるの?(節約術)

やはり生活の中で一番削りたい部分でもある食費、ここを抑えられるようになるだけで生活の仕方がかなり変わり、楽になります!!実際に僕は1ヶ月1万円以内で済ませていますが、そうする為にはちょっとしたコツを知るだけで誰でも真似できるようになります!

では一体どのような節約術があるのでしょうか??

自炊を始めよう◎

まず自炊です!もしかしたらこの記事を読んでいる方でそもそも自炊をしていない方もいらっしゃるのではないでしょうか??

自炊をするのとしないのとではかなり変わってきます!

というよりこれから説明する節約術の中でも一番と言っても良いほど重要な項目です◎

でも実際に自炊をいざ始めよう!と思ってもあまりピンとこないと思うので、僕の1日の食事について何を作って食べているのかなどを、朝昼夜に分けて説明して行こうと思います!

ではレッツゴー↓

節約術 朝 (0円〜200円)

正直朝は食欲が出ない、時間がない、など食べなくても良いという方もいらっしゃると思うので、そういう方は是非下にあるお昼ご飯から見て頂けると嬉しいです◎

いや、食べないと1日始まらないしお腹減るしという朝食は欠かせない!!という方は是非ここも見逃さず見てくださいね◎

朝に食べている物:グラノーラ前日の作り置き(夜ご飯)

グラノーラは1袋で1週間は持ちます!一袋400〜500円なので1ヶ月で1200〜2000円くらいかかる計算になります。ですが、頭の良い方はもうおわかりの通り前日の夜ご飯の作り置きなどを食べた場合はもっと安く済みますね◎

こんな感じで朝食はサクッと食べれるグラノーラや前日の自炊で作り置きした物を食べるのがオススメです。

最近ハマってるグラノーラ(シリアル)を紹介しておきます。ちなみにこの二つを混ぜて牛乳を入れて食べるとめちゃくちゃ美味しいですしおすすめですよ(プチ情報)

 

しっかり食べておきたい時間帯であるお昼ご飯。

皆さんは多分ここで一番節約をしたいところなのではないでしょうか?

つい、ファーストフードに手を出してしまい、500円以上や1000円などを一瞬で使ってしまうことなんて良くあることかもしれません。

では、実際に僕が安くお昼に食べているものを紹介していこと思います。それは、、、

昼に食べているもの:お弁当 学食 バイト先の賄い
節約術 昼 お弁当
え、お弁当って自分で作るの?!と思った方、そうなんです。自分で作ります。
ですが、朝にそんな時間に余裕ないし作れない!って思いますよね、、、
違うんです。朝には作りません!
実は、前日の夜ご飯を多めに作れば朝にお弁当を作る必要がないのです!
まず、基本的に自炊をするときは時間効率のため多めに作ります。
そうすることで作ったおかずやご飯を半分くらい容器などに移し、次の日の朝やお昼ご飯に回すことが出来ます
何よりのメリットは、レンジでチンするだけで食べれる状態になるので、かなりの時間効率に繋がるのと、食費がかなり浮くようになります。
夜ご飯を自炊した場合、食材が大体500円〜600円だとすると、それを二日分食べれる計算になるので÷2をして一回の食費が250円〜300円になるんです!
めちゃくちゃお得じゃないですか?!
こうやって僕は二日に分けて食べたりするので、朝にお弁当を作らずに詰めるだけ、食費も半額、と言った感じで生活をしています。
節約術 昼 学食

来ましたね、、、大学生の特権。学食。

学生が一番使うべきである場所と言っても過言ではありません。

なぜなら安くて美味しい料理が食べれてコスパが最強だからです。

安いメニューからだと300円くらいからでもあると思います。(大学による)

僕は基本お昼ご飯は一人で食べています。(ぼっち)

大学生の方は是非、僕みたいに一人でももしくは友達とでも学食に足を運んで食べに行きましょう!

かなりの節約になります!

節約術 昼 バイト先の賄い
結論から言います。
大学生がバイトを選ぶなら賄いが出るところで働くことを強くお勧めします◎
これは、平日に授業が入っていない人や土日祝日に限るんですが、朝から働いていると

バイト上がりのタイミングで賄いが出るところだとお昼ご飯を無料で食べれちゃうんです。

メリットとして
  • 働きながらお金も入る
  • 作る手間がない
  • ご飯代にお金がかからない
  • お店のメニューを食べれる
正直言ってこんなに良いことありません!(笑)
なので学生のうちはバイト選びは飲食店などを選ぶのがお勧めです!

節約術 夜 (0円〜200円)

 

1日の終わりでもある時間帯でありバイトや学校などで疲れてしまい、今日はコンビニでいいや、ファミレスで済ましちゃおう、、、

という感じでお金を使ってしまう時も多いいですよね。

そうならないような簡単に作れる料理や効率よく夜ご飯を済ませられる方法を紹介します。

夜に食べている物:バイトの賄い 自炊 
節約術 夜 バイトの賄い

節約術 昼でも紹介したように夜はバイトの賄いが一番良いです

学生なら学校が終わってから夜ご飯の時間帯までバイトをする方が多いいと思います。

なのでバイトが終わってそのままバイト先で賄いが食べれたらめちゃくちゃ安く済むし効率的ではないでしょうか??

僕はそうやって平日や土日は夜までロングでシフトに入り、賄いの為に働いてると言っても良いくらい夜ご飯は賄いで済ましています(いま現在そうです)

そのおかげで夜の食費は1ヶ月でほとんど使ってません!!

デメリットがあるとするならば、、、

・賄いが飽きる

これくらいです。(笑)

ですので是非バイト選びに悩んでいる方は賄いの出る飲食店で働きましょう◎

節約術 夜 自炊

 

バイトで賄いが出れば自炊をしないで済むのですが、、、

毎日バイトをしてるという訳でもないですし、自炊をする時は必ず誰でもあります。

なぜ自炊をするのかは、安く済むからです。

では実際に自炊って何を作れば安く済むの?と疑問を抱くかもしれません。

そこで今回は僕が実際に一回の食事を200円以内で済ませている方法を紹介します。

おすすめの食材:豚肉、鶏肉、納豆、卵、もやし、パスタ
この中の食材で作る料理は値段も安くコスパがめちゃくちゃ良いので是非参考にして見てください!
実際にこれを使った料理なども紹介しておきます。
自分も色んな料理をこの食材だけで作るので作ってるだけでも楽しいですし何より安く済むので自炊は本当におすすめです◎
豚肉のおすすめ料理
  • 豚バラ肉の生姜焼き
  • 豚こま肉の野菜炒め
  • 豚ネギ塩丼
  • 豚キムチ丼

鶏肉のおすすめ料理

  • 唐揚げ
  • 鶏肉のネギ塩レモンだれ
  • 油淋鶏

パスタのおすすめ料理

  • ナポリタン
  • ミートソース
  • ペペロンチーノ
  • カルボナーラ

 

ざっとこんな感じで一つの食材からたくさんの料理が出て来ます。

卵や納豆は色々な使い方があり、アレンジレシピとして活躍します。

卵だけだったら

  • 卵焼き
  • 目玉焼き

納豆と卵をパスタに絡めてアレンジして見たり。

それぞれ単品のメニューだったら

  • 卵かけご飯
  • 納豆ご飯
  • 合わせた卵納豆かけご飯

安いのにこんなにもメニューの幅が広いので学生の一人暮らしには欠かせない食材だと思います◎

ちなみに、たくさん料理名を挙げましたが鶏肉や豚肉は2〜3人前くらいで300円〜400円程度で済みます

なので一人暮らしの方は多めに作って次の日とかに回すと1日約100円〜200円程度で夜ご飯が済むんです

めちゃくちゃ自炊って安くないですか??

実際に僕も自炊を始める前は、実際外で食べるのと金額あまり変わらないんじゃないの?

とかよく考えてました。

ですがスーパーへ行き食材を買って料理をして見たところ案外楽しかったり、一回の食事の安さに正直驚きました。

なので先ほど挙げた料理名を検索してレシピなどを参考にして作って見たり、自分でアレンジして見たりして自炊を始めて見てください◎

 

まとめ

全体の食費の平均は約4万円。大学生の平均の食費は3万円くらいでした

ここまで読んで頂いたら分かる通り、食費を抑えるなら自炊は欠かせないということです

まとめとして、食費を1ヶ月1万円以内で生活している僕の1日で使っている金額は下記の通りになります。

バイトの賄いが出る日だと100円〜200円

バイトの賄いが出ない日だと500円〜600円

バイトが週に3〜4入っているので1ヶ月で15日くらい賄いのおかげで100円〜200円で済む日があります。

15×100円〜200円、、、半月で約2000円くらい。

残りの15日は1日500円〜600円なので、7000円〜8000円くらい。

合わせて1万円以下になります

これだけ上手くアルバイトの賄いや自炊を利用するだけで食費は抑えられるんです!!

実際いま現在も1ヶ月1万円で済むよう上手く生活しています◎

なので学生の方や食費を上手く削れなくて困っている方に参考になってもらえたら何よりもうれしいです!!

最後まで見てくださりありがとうございました!!

ではでは〜

 

 

-生活
-, , ,

Copyright© zeitakulife , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.