BLOG SEO

SEOキーワード選定方法を4つのSTEPで解説!【初心者OK】

SEOキーワード選定方法を4つのSTEPで解説!【初心者OK】
悩んでいる人
キーワード選定方法が大事って聞いたけどSEOに良い選び方ってどうやるの?・・・そもそもSEOキーワード選定をする必要性が気になるな・・・

 

このようなお悩みを解決します。

 

 本記事の内容
  • SEOキーワード選定をする必要性とは?
  • STEP1:SEOで上位表示を狙うキーワードを決める
  • STEP2:キーワードを抽出して調査をする
  • STEP3:調査したキーワードを絞り込む
  • STEP4:キーワードを参考にコンテンツ制作をする
  • SEOキーワード選定ができた後にやるべきこと

 

みなさんはSEOキーワード選定をやってから記事を書いていますか?

 

もし書きたい記事をいきなり書き出したり、自分のジャンルのキーワードだからとりあえず書いていこうというスタンスでは上位表示は困難を極めます。

 

そもそもキーワードを細かく選定していくという作業に、どれだけの価値があるのかも気になりますよね・・・

 

今回はSEOキーワード選定をする必要性を解説しつつ4つのステップで選定方法を解説していきます。

 

本記事を読み終わった頃には、誰でもSEOキーワード選定が簡単にできるようになるので、方向性を間違えずにサイト運営が可能になります。

 

それでは解説していきます。

 

SEOキーワード選定をする必要性とは?

SEOキーワード選定をする必要性とは?

まず最初にSEOキーワード選定の必要性について気になる方もいらっしゃると思うので、わかりやすく簡単に解説していきます。

 

 SEOキーワード選定とは

インターネット検索で上位表示させたいキーワード(SEOキーワード)を選択することをSEOキーワード選定と言います。

 

もしSEOキーワード選定をしていなかったらどうなるのかというと、コンテンツの方向性が定まらなくなるので検索エンジン(Google)に、どのキーワードで上位表示させたいのかが伝わりません。

 

例えば、1つのキーワードに対して2つの記事を書くこともNGです。

 

  1. プログラミングスクール おすすめ 比較
  2. おすすめ プログラミングスクール 料金比較

 

上記のようなキーワードで被っている部分は「プログラミングスクール おすすめ 比較」というキーワードで、これらのキーワードは1つの記事にまとめる必要性があります。

 

もしも2つ書いてしまった場合、Googleはどっちを上位表示させれば良いのか分からなくなり、最悪、重複コンテンツとしてペナルティを受ける可能性もあります。

 

そうならないようにするのが、SEOキーワード選定です。

 

STEP1:SEOで上位表示を狙うキーワードを決める

STEP1:SEOで上位表示を狙うキーワードを決める

まず最初にやるべきことはキーワードの候補を決める作業です。

 

イメージがつきやすいように、下記のような具体例で上位表示を狙うためのキーワードの決め方を解説していきます。

 

具体例

サイト:プログラミングスクールの紹介サイト

ターゲット:プログラミングを勉強したい人

キーワード:プログラミングスクール

 

では実際に、具体例を使ってキーワードを決めるといっても何からやれば良いのか悩みますよね。

 

決める方法としては下記2つをやればOKです。

 

  1. 上位表示で狙うべきキーワードとは?
  2. キーワードを2つの方法で洗い出す

 

上記2つの方法で順番に解説していきます。

 

①:上位表示で狙うべきキーワードとは?

 

まずは具体例を元に、1つずつ分解して狙うべきキーワードを絞ります。

 

具体例

サイト:プログラミングスクールの紹介サイト

ターゲット:プログラミングを勉強したい人

キーワード:プログラミングスクール

 

具体例からわかることとして、プログラミングを勉強したい人がインターネット検索で「プログラミングスクール」というキーワードで、プログラミングスクールを紹介しているサイトに来てもらうというのが目標です。

 

今回の場合、狙うべきキーワードとして「おすすめ プログラミングスクール 比較」などの成約に近いキーワードを選びましょう。

 

「プログラミングスクール 選ぶコツ」や「プログラミングスクール 退会方法」などのキーワードは成約から離れているので、まずは成約に近いものから攻めていくことがおすすめです。

 

②:キーワードを2つの方法で洗い出す

 

いきなり上位表示を狙うキーワードを出すといっても、なかなかイメージがつかないと思いますがそれでOKです。

 

まずはキーワードを洗い出していきましょう。方法は下記2つになります。

 

  1. 思いついたことをひたすらメモをする
  2. Google検索結果を使う

 

まず1つ目の方法として、思いついたことをひたすらメモをしていきましょう。

 

例えば、

 

  • プログラミングスクール 値段
  • プログラミングスクール 東京
  • プログラミングスクール 大阪
  • 安い プログラミングスクール
  • プログラミングスクール 転職先
  • 10万円 プログラミングスクール

 

上記のように思いついたキーワードと掛け合わせて考えるだけで無限に出てきます。

 

それでも限界はくるので、そうなったときはGoogle検索結果を参考にするのがおすすめです。

 

実際にGoogleで「プログラミングスクール」と検索すると以下のように候補がたくさん出てきます。

 

SEOキーワード選定のGoogle検索結果

 

Google検索で出てくるキーワードは、読者が求めているキーワードに近いものが多く、自分の知らない用語や単語が見つかるので、狙うキーワードで困ったときに利用してみましょう。

 

STEP2:キーワードを抽出して調査をする

STEP2:キーワードを抽出して調査をする

STEP1で上位表示を狙うSEOキーワードが決まった方は、さらに深掘りしていくための調査をしていきましょう。

 

具体的な方法として以下2つを抑えておけばOKです。

 

  1. サジェスツツールでキーワードを取得
  2. キーワードプランナーでボリュームを調査

 

順番に解説していきますね。

 

①:サジェストツールでキーワードを取得

 

STEP2で行うキーワード取得はSTEP1のキーワードを決める方法と似ていますが、重要で少し違う点が1つあります。

 

それは、抜け漏れなくキーワードを取得できることです。

 

文字だけだと伝わりづらいかもなので、実際にサジェストツールを使って解説していきます。

 

まずは、サジェストツールのラッコキーワード を使って狙うキーワードの「プログラミングスクール」を調べていきます。

 

サジェストツールのラッコキーワード

 

表示される内容は以下の通りです。

 

  • サジェストキーワード10個(左上)
  • 関連キーワード(50音順とアルファベット)
  • Yahoo!知恵袋と教えて!Goo(Q&A)

 

サジェストツールを使うことで、上位表示を狙うためのキーワード「プログラミングスクール」に関するワードが全て網羅することができます。

 

②:キーワードプランナーでボリュームを調査

 

サジェストツールでキーワードを網羅した次にやることは、キーワードプランナーを使って検索ボリュームの調査をしていきます。

 検索ボリュームを調査するメリット
  • 競合がわかる
  • 上位表示を狙う準備ができる
  • 方向性を間違わずに済む

 

やり方は簡単で、まずはキーワードプランナーにアクセスし、検索のボリュームと予測のデータを確認するをクリックします。

 

検索のボリュームと予測のデータを確認する

 

すると、調べたいキーワードを入力する画面になるので、先ほどのラッコキーワード で網羅したキーワードを全てコピーします。

 

ラッコキーワード からコピーする

 

右下に青い表示でコピーが完了したら、キーワードプランナーの方にコピペして開始するをクリックします。

 

キーワードプランナーの方にコピペ

 

すると、様々なデータが表示されるので、過去の指標を選択→下矢印ボタンを押す→Googleスプレッドシートをダウンロードします。

 

 

ここまででSTEP2のキーワードの調査は終わりで、上記のデータを元にさらにキーワードを絞り込んでいきます。STEP3へ続く↓

 

STEP3:調査したキーワードを絞り込む

STEP3:調査したキーワードを絞り込む

キーワードプランナーを使って調査したキーワードのボリュームを、整理して絞り込んでいく作業になります。

 

手順は以下2つで解説していきます。

 

  1. キーワードをカテゴリ別に整理をする
  2. キーワードごとに競合・ボリュームから取捨選択をする

 

①:キーワードをカテゴリ別に整理をする

 

まずはダウンロードしたGoogleスプレッドシートを開き、抽出したキーワードをカテゴリ別に分けていきます。

 

キーワードのカテゴリ分け

 

実際にカテゴリ分けした時のGoogleスプレッドシートはこちら

 

上記のようにカテゴリを色で分けていくと、一貫性があるのがわかってくるかと思います。

 

黄色のカテゴリを例に解説していくと、「プログラミングスクール 無料」というキーワードには下記の表のように関連するワードが揃っています。

 

プログラミング スクール 無料 1000
プログラミング スクール 無料 20 代 10
プログラミング スクール 無料 おすすめ 20
プログラミング スクール 無料 オンライン 30
プログラミング スクール 無料 体験 140
プログラミング スクール 無料 大学生 40
プログラミング スクール 無料 転職 10

 

上記のような1つのまとまりを1つの記事にしてライティングしていくのが基本的な流れになります。

 

 カテゴリ別に分けるコツ
  • 似たキーワードを同じ色でまとめる
  • 書きづらそうなキーワードは白色にしておく。

 

最初の頃はカテゴリ整理に苦戦するかもですが、慣れてくると分ける作業が鬼のように早くなるのでコツコツ実践していきましょう。

 

②:キーワードごとに競合・ボリュームから取捨選択をする

 

カテゴリ分けが出来たら、キーワードの競合性とボリュームから上位表示を狙えるものを選んでいきます。

 

選び方の基準として下の図が参考です。

 

競合性とボリュームの図

 取捨選択の仕方

競合が高くてボリュームが多→

競合が高くてボリュームが少→

競合が低くてボリュームが多→

競合が低くてボリュームが少→

 

 取捨選択の基準
  • 検索ボリュームは100〜1000のものを選択する
  • 検索ボリュームが0のものは除外する
  • 検索ボリュームは5,000〜10,000を超えると多い

 

最初のうちは検索ボリュームが100〜1000のキーワードを選んで、1つの記事にまとめていきましょう。

 

先程紹介した下記の表では「プログラミング 無料 20代」というキーワードの検索ボリュームがたったの10しかありませんが、競合性が高いので、上位表示させることができればサイトの売上を上げることが可能です。

 

プログラミング スクール 無料 1000
プログラミング スクール 無料 20 代 10
プログラミング スクール 無料 おすすめ 20
プログラミング スクール 無料 オンライン 30
プログラミング スクール 無料 体験 140
プログラミング スクール 無料 大学生 40
プログラミング スクール 無料 転職 10

 

上記ようなキーワードを記事内に上手く含ませて書いていけば、ボリュームも100〜1000でちょうど良く、それぞれのワードで検索した場合に引っかかる可能性が高まります。

 

まずはキーワードごとの競合性とボリュームを意識して、上位表示出来そうなキーワードを取捨選択していきましょう。

 

STEP4:キーワードを参考にコンテンツ制作をする

STEP4:キーワードを参考にコンテンツ制作をする

最後のステップは実際にコンテンツを作っていく作業になります。

 

手順はシンプルで以下3つで解説していきます。

 

  1. キーワードの検索意図を理解して記事内容を考える
  2. サイト全体の構造を作る
  3. ロングテールキーワードで記事を書く

 

①:キーワードの検索意図を理解して記事内容を考える

 

先程の「プログラミングスクール 無料」という例で解説していきます。

 

まず最初に、検索する人のことを理解する→記事内容を考える、この流れでコンテンツが作られていきます。

 

「プログラミングスクール 無料」の場合、

 

検索意図:プログラミングスクールを通いたけど、無料で通えるところがあるか知りたい。

記事内容:無料で通えるプログラミングスクールをいくつか紹介する。

 

実際に検索してみて、どんな内容の記事が書かれているのかを参考にするのも1つの方法です。

 

キーワード検索結果画面

 

 

実際に検索してみると、「無料で学べるプログラミングスクール」や「無料と有料どっちに通うべきか」のように、「プログラミングスクール 無料」に対しての検索意図に答えた記事が並んでいます。

 

このようにして記事内容を考えてから記事を書いていくと上位表示を狙えるコンテンツ作成が可能になります。

 

記事の書き方については【初心者OK】売れるアフィリエイト記事の書き方【ブログ収益UP】こちらで上位表示を狙うための方法も解説しています。

 

②:サイト全体の構造を作る

 

キーワードのカテゴリ分けや書く記事が決まってきた方は、サイト全体の構造を出来るだけ早い段階で決めておくとより良いコンテンツが出来上がります。

 

サイト全体の構造を作ると以下のようなメリットがあります。

 

メリット

  • サイトが見やすくなる
  • 読者がリピートしやすくなる
  • SEO対策になる

 

構造を考えるのが苦手、という方は具体的な例を見てもらえばサイト構造の作り方がイメージできるかと思います。

 

プログラミング系のサイトを運営した場合、サイト全体の構造の例は以下の図のようになります。

 

サイト全体の構造の図

 

サイト全体の構造は意外とシンプルで、ツリー構造で出来上がっています。

 

プログラミングというキーワードに関連した内容を派生させて、サイト全体をまとまった構造にすることで、読者にもわかりやすく、SEOにも効果的なサイトを作ることができるのです。

 

③:ロングテールキーワードで記事を書く

 

今回紹介してきたSTEP1〜STEP4まで完璧に抑えた方で、このロングテールキーワードの記事を書かかずに挫折してしまう人も珍しくはありません。

 

それだけロングテールキーワードで記事を書くことは重要なので最後にしっかりと抑えておきましょう。

 

ロングテールキーワードの図

 

図で表すと上記のとおりで、ビッグキーワードとロングテールキーワードに分けて記事を書かないと、収益が全く発生しないという問題が起きてきます。

 

細かい解説はロングテールキーワードの正しい選び方を図で解説!【SEO対策】こちらの記事で選び方についても紹介しています。

 

SEOキーワード選定ができた後にやるべきこと

SEOキーワード選定ができた後にやるべきこと

SEOキーワード選定方法を4つのステップで解説してきましたが、終わった後にやるべきことが1つあります。

 

それは、答え合わせです。

 

公開した記事が正しい方向で書けているのかを検索順位チェックツールで確認をします。

 

検索順位をチェックすることで、今後の記事の修正や対策が打てるようになり、上位表示を狙うことが出来るようになります。

 

例えば、記事が30位とかにいる場合でもリライトをすることで10位以内に持っていくことが可能です。

 

せっかく上位表示できる見込みのある記事があるのに、現在の順位が分からず対策が打てないのは勿体ないですよね。

 

SEOキーワード選定がしっかり出来ていたのかを公開した後に確認するようにしましょう。

 

 検索順位チェックツール

 

まとめ:SEOキーワード選定方法を習得すると方向性は完璧

まとめ:SEOキーワード選定方法を習得すると方向性は完璧

今回はSEOキーワード選定方法を4つのSTEPで解説してきました。

 

4つのSTEPをもう一度おさらいすると下記の通りです。

 

  1. STEP1:SEOで上位表示を狙うキーワードを決める
  2. STEP2:キーワードを抽出して調査をする
  3. STEP3:調査したキーワードを絞り込む
  4. STEP4:キーワードを参考にコンテンツ制作をする

 

この4つを行わないで書いた記事は正直いって上位表示を狙うのはかなり至難のわざです。

 

本記事を読んできた方ならわかると思いますが、すべてかなり重要な行程だったかと思います。

 

今回の記事を読んで何かご不明な点や質問がある方は気軽にお問い合わせからご連絡ください。

 

今回は以上になります。

-BLOG, SEO
-, , , ,

© 2020 zeitakulife Powered by AFFINGER5